種播きについて知る|思わずウットリする程の色鮮やかさ|花の種を専通販サイトで購入

思わずウットリする程の色鮮やかさ|花の種を専通販サイトで購入

ファミリー

種播きについて知る

花

ガーデニングを始めてみたいと考えている人が、少なからずいるかと思います。初めてガーデニングに挑戦する際には、綺麗な花を咲かせるために必要な知識を学んでおく必要があるでしょう。その知識というのは、購入した花の種の種播き時期や種播きの方法です。それらの知識を有していない場合、開花の時期が訪れても綺麗な花が咲かない可能性があります。ここでは、それらの知識について知っていきましょう。
花の種を通販サイト等で購入した後には、その花の種に合った時期に種を播く必要があるのです。時期による理由としては、植物によって最適な発芽温度が異なるという点にあります。多くの植物は春播きか秋播きのどちらかとなりますので、購入する際には前持って確認しておくことが大切です。春播きの花の種であれば、春後半のサクラの花が散る頃(気温20℃前後)に種播きを行なうと良いでしょう。秋播きの花の種については、彼岸頃(気温15℃から20℃)を目安に種播きを行なうことが最適です。種播きの方法に関しては、その花の種の大きさによって異なってきます。大粒の種の場合、直播きが良いといわれています。また、大粒の種を直播きする際には、種を一晩水に浸しておくことでより早く発芽せることが可能です。中・小粒の種であれば、箱播きに適していると言われています。箱播きというのは、平鉢や底に穴の空いた容器に花の種の生育に適した土を入れ、そこに種を播くといったものです。