光の必要有無|思わずウットリする程の色鮮やかさ|花の種を専通販サイトで購入

思わずウットリする程の色鮮やかさ|花の種を専通販サイトで購入

ファミリー

光の必要有無

花

園芸通販サイトを利用して花の種を購入する際には、購入しようとしている花の種が好光性のものなのか嫌光性のものなのかを知っておく必要があります。好光性の花の種というのは、発芽に光が必要となる植物の種のことを指し、嫌光性はその逆に光を嫌いため光の当たらないよう種を播く必要のある植物です。園芸通販サイトで好光性の花の種を購入したのであれば、種を播く時に種に光が届くよう薄く覆土することが大切になります。好光性の種を厚く覆土してしまった場合には、発芽条件を満たすことができないため生育が困難になるのです。嫌光性の花の種であれば、光の届かないよう厚く覆土する必要があります。このように、植物によって種播きの仕方というのは大きく異なるのです。
好光性の花の種というのは、インパチェンスやカランコエ、カンパニュラ、金魚草、ジギタリス、ダリア、なでしこ、プリムラ、ベコニア、ペチュニア、ロベリア等、といった植物がそれに該当します。その他にも好光性の植物は存在するので、園芸通販サイトを用いて花の種を購入する際にはしっかりと確認しておきましょう。嫌光性の花の種については、ジニアやシザンサス、ニゲラ、ニチニチソウ、ハゲイトウ、ハナビシソウ、マツバボタン、ルピナス、ワスレナグサ等の植物のことを指します。もちろん、これらの嫌光性の植物も全体の一部であり、購入時には確認する必要があります。それらの植物の花の種というのは、発芽環境の整った状態でしっかりと生育を行なえば必ず発芽し、花期には綺麗な花を咲かせることが可能です。